動画に設定されているDRMを解除せずに録画する!

DRMとは「Digital Rights Management」の略称で、日本語では「デジタル著作権管理」という意味になります。
主に著作権の設定された有料動画(有償著作物)に掛けられていて、視聴期限が設定されていたり、複製防止のための技術が施されている「技術的保護手段」となります。

以前はDRMを解除し永久視聴や複製が可能になる方法も存在しましたが、デジタルコンテンツに対する法整備が進んだ現在ではDRMの解除は例え個人利用の範囲内であっても違法行為となってしまいます。

しかし、せっかく購入した動画ですから、個人利用の範囲内で永久視聴したいという人も多いのではないでしょうか。

そこで、DRMの解除を行う事なく永久視聴が可能となる『ムービーグラバー』をご紹介します。



ムービーグラバーをオススメする理由


ムービーグラバーがDRMの解除に当たらないのは、再生している動画の生データをそのまま保存しているからです。
つまり、キャプチャ録画している事と同じ仕組みです。

しかしただ動画を録画するだけであれば面白くありません。
ムービーグラバーは、動画の録画や視聴の幅を更に広げるための様々な機能を搭載しています。


録画した動画をDVDやスマートフォンに入れて楽しむ!

DRMで保護された動画は複製が行えないため、DVDなどへの書き込みや動画形式の変換を行う事が出来ません。

しかしムービーグラバーを使用すればDRMを解除せずに録画を行う事が出来るので、DVDへの書き込みや、スマートフォンやゲーム機などの各種端末で視聴出来る形式への変換も可能となります。

既に保存してある動画もDRMを解除せずに録画出来る!

ムービーグラバーは、ネット上で再生する動画の録画だけでなく、既にパソコンに保存してある期限付きの動画も録画する事が出来ます。
もちろんこちらもDRMの解除を行わずに永久視聴が出来るファイルとして保存が可能です。
しかも僅かなステップで録画を開始する事が出来ます。



複数同時録画・倍速録画機能

従来、キャプチャ録画では一度に一つの動画しか録画が行えないと思われがちですが、ムービーグラバーは複数の動画を同時に録画する事が出来ます。
また、キャプチャ録画は保存までに動画の再生時間分の時間が掛かってしまい効率的ではありません。
しかし倍速録画機能を使う事で1つの動画を2~3倍の速度で録画する事が出来るようになります。



ミュート録画機能

録画の際、録画している動画の音声を流さずに録画を進める事が出来る機能です。
パソコン自体の音量をゼロにする事なく録画が出来るので、録画中に他の動画を視聴したい場合に役立ちます。


ムービーグラバーで実現出来る事

  • DRMを解除せずに動画を録画!
  • 複数の動画を同時に録画する事が可能!
  • DVDへの書き込み!
  • スマートフォンやゲーム機などの各種端末用に変換可能!
  • ネット上で再生する動画はもちろん、既に保存してある動画もDRMを解除せずに録画出来る!




今すぐ購入する

このページの先頭へ